赤ちゃんや新生児がいびきをかく、その原因と改善策

いびきをかく、ということは大人にとってはそれほど珍しいものではありませんよね。
 
 
しかし、すやすやと眠る赤ちゃんがいびきをかいていると、驚いたり、不安に感じたりするお母さんもいると思います。
 
 
また、これから赤ちゃんを迎えるお母さんたちにとっても、赤ちゃんに関する知識はたくさん身につけておきたいものですね。
 
 
 
お母さんと赤ちゃんが安心して毎日を過ごせるよう、赤ちゃんのいびきについて詳しくご紹介しましょう。

 

 赤ちゃんのいびきの状態をチェック!睡眠時無呼吸症候群なら注意!

 

赤ちゃんのいびきの状態は、どのような様子でしょうか?
 
 
 
赤ちゃんがいびきをかく原因には、さまざまなものが考えられますが、その中でも危険なものなのかどうかを判断する必要があります。
 
 
まず、赤ちゃんがいびきをかき始めたら、呼吸が継続できているかどうか確認しましょう。
 
 
その際に鼻の近くに手をかざしてみたり、耳を澄ましてみたりするのも良いですが、ティッシュなど少しの空気で動くものがあると、確認がスムーズに行えます。
 
 
この時に要注意だと考えられるのが、いびきをかいている赤ちゃんの呼吸が一定時間止まり再開する場合です。
 

 
これは、睡眠時無呼吸症候群の可能性が考えられます。
 
 
睡眠時無呼吸症候群が起こる原因としては、のどの奥にあるアデノイドという咽頭扁桃や、扁桃腺の肥大が関係していることがほとんどです。
 
 
アデノイドや扁桃腺が肥大してしまうのは、先天的な疾患や障害が原因と考えられ、特に生まれたばかりの新生児の場合は、この二つの肥大が関係している可能性が高いといえます。
 
 
これらの肥大によって寝ている時に気道がふさがれやすくなっていびきが起こり、睡眠時無呼吸症候群を引き起こします。
 
 
この場合の赤ちゃんの特徴として、睡眠が浅くしっかりと眠れていないことが多いため、昼間に眠たくなったり、ぐずったりすることが多くなります。
 
 

赤ちゃんの日々の変化を観察し、お昼寝が長く夜にあまり寝ない、不機嫌な様子が続いているといったことがあった場合には、睡眠時無呼吸症候群の影響を考えてみましょう。
 
 
このように、赤ちゃんのいびきに気付いた時には、まずは赤ちゃんの呼吸の状態を確認し、そのいびきが危険なものであるかどうかを判断する必要があるのです。

 

赤ちゃんの睡眠時無呼吸症候群の治療法

 

では、自分の赤ちゃんが睡眠時無呼吸症候群の可能性があるとなった場合、治療法はあるのでしょうか?
 
 
 
睡眠時無呼吸症候群の原因が先天的なものであるため、治療はできないのではないかと不安になりますよね。
 
 
でも、睡眠時無呼吸症候群は赤ちゃんが成長していくにつれて自然と治まってくることがあります。
 
 
というのもアデノイドや扁桃腺の肥大は10歳前後がピークで、その後、次第にこれらの肥大は治まっていき、いびきも減少していくとされています。
 
 
つまり、赤ちゃんの頃に睡眠時無呼吸症候群の可能性があってもすぐに手術を考える必要はないですが、日常生活に支障があったり、夜泣きが続いたり、扁桃腺炎を繰り返して何度も高熱を出すなどの場合もあります。
 

 
そうした状態が続くようなら、耳鼻科を受診したり、手術を検討したりすることも良いでしょう。
 
 
 
睡眠時無呼吸症候群の可能性があったとしても、すぐに治療や手術をしなければならないという訳ではない、と考えると、お母さんも少し安心できますね。
 
 
落ち着いて、それぞれの赤ちゃんに見合った睡眠時無呼吸症候群の治療法を見つけましょう!

 

いびきの原因は鼻づまり??おすすめのいびき防止グッズは?

 

どうしていびきをかくの?原因は何?といったことは、大切な赤ちゃんのためにお母さんたちが気になる点ですよね。
 
 
そこで、いびきをかく原因として考えられる可能性を述べていきたいと思います。
 
 
 
赤ちゃんのいびきの状態をチェックした時に、いびきはかいているけれど、呼吸が止まることもないという場合があります。
 
 
これは、鼻の影響でいびきを誘発している可能性が考えられます。鼻の影響とは、風邪を引いたり、ハウスダストや花粉で鼻水が大量に出て鼻づまりを起こしたりした場合です。
 
 
普段のように鼻呼吸ができず、慣れない口呼吸をするためにいびきが生じてしまいます。
 
 

単なる鼻づまりだと放置してしまうと、呼吸が滞ることも考えられます。
 
 
そのため、なるべく早く鼻づまりを解消できるよう、人ごみを避けたり、風邪を引いている家族とは離したり、こまめな掃除を心がけたりなど、赤ちゃんのために対策をとることが大切です。
 
 
また、鼻づまりを除去するためには、鼻水を口で吸って取り除くのが簡単ですが、風邪を引いている場合、処置をした人にうつってしまう可能性もあります。
 
 
ストローやスポイトなど便利ないびき防止グッズもたくさん出ているので、それぞれの赤ちゃんにあった方法を見つけて試してみると良いでしょう。
 
 
まずひとつの可能性として、鼻の影響をあげました。睡眠時無呼吸症候群ではなさそうだけれど、赤ちゃんのいびきが気になるという場合は、鼻の状態も気にかけていびき防止グッズを選んでみましょう!

 

赤ちゃんや新生児のいびきの原因はのど?それとも舌?

 

それでは、赤ちゃんや新生児のいびきの原因は鼻の影響だけなのかというと、そうではありません。
 
 
他の可能性としては、喉や舌の影響が考えられます。
 
 
赤ちゃんの喉と舌は、大人と異なり、高い位置に存在しているため口呼吸がしづらくなります。
 
 
また、寝ている時には喉周辺の筋肉が緩んでくるため、気道が細くなります。
 
 
この中を空気が通ることで、喉の膜が震えていびきになるのです。
 
 
赤ちゃんが成長して喉の位置が変わってくると自然といびきも治まりまってくるでしょう。

 
 
喉については、いびきをかいている時に喉仏が凹むようであれば、呼吸が充分にできておらず、酸欠によってさまざまな障害が引き起こされる可能性も考えられるので早めに耳鼻科を受診しましょう。
 
 
また、舌については、舌小帯短縮症による影響の1つとしていびきをかくことが考えられます。
 
 
舌小帯短縮症とは、舌の裏側にある舌と歯茎をつなぐ小帯と言う部分が、通常よりも短かったり長かったりして舌の動きが制限されてしまう症状をいいます。
 
 
特徴は、舌を前に出したときに小帯に引っ張られてハート型になることです。
 
 
ただし、この場合はいびきよりも舌の動きの悪さによって、上手くものが飲めずに成長が遅れることの方が問題となっているので、不安であれば主治医に相談し、あまり気にせず様子を見ていきましょう。
 

 
以上のことから、赤ちゃんや新生児のいびきの原因としては、鼻以外にも喉や舌の影響があるということがわかりました。とはいえ、成長とともに治まることがほとんどということなので、喉仏の凹みや、舌小帯短縮症による影響が心配な場合以外は、不安になりすぎなくても大丈夫なようですね。

 

赤ちゃんの体型や姿勢といびきの関係

 

赤ちゃんにも、大人と同じようにさまざまな体型の子がいますよね。
 
 
赤ちゃんは丸々としているのが当たり前ではありますが、そこにいびきの原因があることも考えられるのです。
 
 
 
赤ちゃんの体重が増えすぎてしまうと、気道が狭まったり、小さな鼻の穴がより狭くなったりしていびきの原因となってしまいます。
 
 
成長曲線を大幅に超えて体重増加の場合は、赤ちゃんが十分な睡眠をとれるよう、寝る姿勢、枕など工夫をしてみましょう。
 
しかし1歳を過ぎて体をたくさん動かすようになれば、次第に幼児体型に変化していくので、心配しすぎないようにしましょう。
 
 
赤ちゃんの寝ている時に、いびきをかいていても気持ちよさそうにしている場合は過剰に心配する必要はありません。

 
 
ただ、お母さんがあまりにも心配であったり、いびきに参ってしまったりする時は、うつぶせにならないようにクッションなどで安全を保ちながら、赤ちゃんをそっと横向きにして見ましょう。
 
 
こうすることでいびきが改善することがあるからです。
 
 
このように、赤ちゃんの体型や姿勢もいびきに関係していたということから、つい、赤ちゃんの成長の様子や睡眠時間が不安に感じてしまうかもしれませんが、過剰な心配はいらないようですね。
 
 
姿勢を変えるなどでいびきの解消につながることもあるので、焦らずに赤ちゃんの様子を見守ってあげてください。

 

赤ちゃんや新生児のいびきは病院でお医者さんに相談

 

ここまで述べてきたように、赤ちゃんのいびきは、ほとんどが喉の構造によるものか、鼻づまりの影響を受けていることが原因であり、心配しすぎる必要はありません。
 
 
しかし、初めての育児だと戸惑うことも多く、お母さん自身では危険かどうか判断できない場合もあります。
 
 
そういった時は、赤ちゃんや新生児のいびきは病院でお医者さんに相談しましょう!
 
 
その際に、スマホなどでいびきをかいている様子を記録しておくと、より的確な判断ができるようになります。
 
 
いびきの音、口や鼻の状態、喉仏の凹みの有無、体勢などこれまでに述べてきたさまざまな原因を踏まえて撮影しておくと良いでしょう。
 
 
お母さんは、大切な赤ちゃんのために毎日たくさんのことをがんばっていると思います。

 
 
お母さんの安心が、赤ちゃんの安心へとつながっていくものです。
 
 
不安なことがあれば、一人で抱え込まずにお医者さんへの相談をしてみましょう。
 
 
きっと力になってくれるはずですよ。

 

赤ちゃんや新生児のいびきのまとめ

 

赤ちゃんのいびきについて、さまざまな原因やその対処法をご紹介してきました。
 
 
 
ほとんどが鼻や喉の影響、稀にアデノイドや扁桃腺の肥大が関係しているということがわかりました。
 
 
赤ちゃんのいびきは、成長とともに自然と消滅していくことがほとんどなので、お母さんとしてはそれほど心配しすぎることはありません。
 
 
いびきをしていることに気付いたら、姿勢を変えてあげたり、鼻づまりの解消に努めたりして、赤ちゃんが十分な睡眠をとれる環境づくりを心がけるようにしましょう。
 
 

≪いびき防止グッズ・サプリのページに戻る≫