いびきと歯ぎしりの原因と対策を調べてみました!

睡眠時に周囲に人の眠りを妨げる「いびき」や「歯ぎしり」による騒音。
 
 
どちらも本人には自覚がないことが多いため、どのくらいうるさいのか、周りに不快感を与えているのか、といったことを把握することが出来ませんよね。
 
 
 
しかし、隣で眠っている家族の気持ちとしては・・・きっと我慢ならないものでしょう。
 
 
こうしたいびきや歯ぎしりが睡眠時にうるさい原因と、その治療・対策について、今回はまとめます。

 

いびき・歯ぎしりは健康へは悪影響ですよ!

 

いびきや歯ぎしりが起こってしまうことを、仕方のないことだと軽く考えてしまってはいませんか?
 
 
実は、いびきや歯ぎしりの症状がある人は、成人の約8割にも上るという調査があります。
 
 
 
こうしたことからも、たとえ周囲からの指摘があっても、「ただの体質」と考えて放置してしまいがちなのでしょう。
 
 
では、いびきや歯ぎしりが起こると、私たちの体にはどのような悪影響があるのでしょうか。

 

いびき・睡眠時無呼吸症候群が体に与える悪影響とは

 

まず睡眠時の「いびき」や「睡眠時無呼吸症候群」の体への悪影響として、日中の急な眠気、疲労感・集中力の低下、高血圧・心臓病・糖尿病等の生活習慣病リスクの上昇といった症状が現れることがあります。
 
 
これは、睡眠時の「いびき」や「無呼吸」が、喉の奥へ舌が落ち込む等の理由で気道が狭くなって発生するために、十分な酸素を取り入れにくくなり、睡眠の質が低下するからです。

 

歯ぎしりが体に与える悪影響

 

また「歯ぎしり」の体への悪影響としては、歯がすり減る・割れる、耳鳴り・めまい、あごの痛み・顎関節症、歯茎の炎症による歯周病の悪化といった症状が現れることがあります。
 
 
歯ぎしりもいびきと同様、本人は自覚していない場合がほとんどですが、覚えのない歯の摩擦や傷、顎の痛みがあったり、周囲から歯ぎしりの指摘を受けたりした場合には注意が必要です。
 
 
 
睡眠時の歯ぎしりは、普段では考えられないほどの強い力が顎にかかっているのです。

 

いびき歯ぎしりは周囲にストレスを与える

 

そして忘れてはいけないのが、いびきや歯ぎしりによる騒音が周囲の人に与えるストレスです。
 
 
これらの音で、毎晩のように夜中に起こされるような状態が続くと、不眠による体調不良の他、悪化すると自律神経失調症やうつ病の症状が現れる場合もあります。
 
 
本人の自覚がないうちに起こる「いびき」と「歯ぎしり」ですが、それぞれが身体に与える悪影響は、多くあるのですね。
 
 
それゆえに「たかがいびき」等と考えずに、自身の健康や周囲への悪影響を考え、早めに治療に取り組むことが大切だといえるのです。

 

いびき・歯ぎしりが起きる原因

 

いびきや歯ぎしりに気付いたとき、最初に知りたいのはどうしていびき・歯ぎしりの原因ですよね!
 
 
その疑問を解決するために、いびきや歯ぎしりが起こる原因について説明していきましょう。

 

いびきの原因

 

「いびき」の原因として多いのは、喉周りの筋力の低下や肥満などによる気道の圧迫です。
 
 
その他には、口呼吸の癖、鼻炎や扁桃腺肥大等の持病がある場合にもいびきをかきやすくなります。
 
 
また一時的な要因として、疲労やストレス、飲酒等も喉周りの筋肉の弛緩を助長するため、大きないびきをかく原因としてあげられます。

 

歯ぎしりの原因と体への影響

 
一方「歯ぎしり」は、噛み合わせの悪さが関係していると考えられますが、現在もハッキリとした原因はわかっていません。
 
 
近年では、自律神経の乱れの他、ストレスや飲酒との関連が指摘されており、これらはいびきと共通する要因といえます。
 
 
また、先ほど睡眠時の「無呼吸」によって、十分な酸素を取り入れにくくなり、睡眠の質が低下すると述べました。
 
 
このような「睡眠時無呼吸症候群」は、大きないびきを代表的な症状とし、体の酸素が不足して眠りが浅くなります。
 
 
そのため、睡眠が浅い状態で起こりやすいことで知られている歯ぎしりも、起こりやすくなることが報告されています。
 
 

以上のように、「いびき」と「歯ぎしり」にはそれぞれ異なる原因があります。
 
 
何が原因となっているのかをしっかりと把握することが、自分の体の健康を保つことにつながっていくことでしょう。

 

いびき歯ぎしりの治療と改善法

 

いびきや歯ぎしりの原因がわかったら、次に考えるべきことは、いびきや歯ぎしりの治療や改善法ですね。
 
 
例えば、飲酒などの一時的なものであれば、時間の経過で解消されることが多いので、あまり心配する必要はないといえます。
 
 
しかし、継続して症状が見られる場合は、健康に悪影響を及ぼす可能性が考えられるため、早めの対策が大切です。
 
 
そこで、いびきや歯ぎしりの対策として以下のようなものがあります。

 

マウスピースでいびきや歯ぎしりを改善

 

まずはいびきや歯ぎしりの騒音の軽減に効果的な、マウスピースです。
 
 
睡眠時に使用することで、いびきの原因となる口呼吸を防止することができ、歯ぎしりによる歯のすり減りや、顎関節症の解消にも役立ちます。
 
 
中には安価な市販品も販売されていますが、睡眠時無呼吸症候群の治療に用いられるマウスピースは特殊な形をしているため、自己判断はせずに、医師に相談の上、歯医者で作ってもらうことをおすすめします。

 

生活習慣の改善をしていびきや歯ぎしりを改善

 

次に生活習慣の改善です。
 
 
疲労やストレス、飲酒等が原因となっている場合には、これらの要因を解消できるようにしましょう。
 
 
そのためには、生活習慣の見直しを行うことが大切です。
 
 
オーバーワークを避け、お酒の量を減らすなどして対策をしてください。
 
 
また、睡眠の質を高める工夫をすることも有効といえるので、寝る前にストレッチを行ったり、入眠1〜2時間前にぬるま湯で半身浴を行ったりなども行ってみてください。
 
上記のように生活習慣を改善することでいびきや歯ぎしりを改善することは可能です。

 

最短で効率よくいびきを改善するならいびき防止グッズ

 

その他の改善法としては、市販のいびき防止グッズを使用することです。
 
 
様々な市販の対策グッズが販売されていますので、それらを試してみるのも良いですね。
 
 
ただ、睡眠時に器具を装着することに違和感があるという人には、いびき対策用のサプリメントも販売されていますので、そちらも検討してみてください。

 

いびきや歯ぎしりを改善するには...まとめ

 

今回は、周囲の人にも影響を与えてしまううるさいいびきや、歯ぎしりの原因と、その治療・対策法についてまとめました。
 
 
症状が継続している場合には健康への様々な悪影響が考えられる上に、周囲の人の安眠を妨げ、大きなストレスを与えてしまうことにもなるのです。
 
 
もしいびきや歯ぎしりについて、自分で心当たりがある場合や、家族から頻繁に指摘を受ける場合には、そのまま放置することはせずに、一度病院を受診してみると良いでしょう。
 
 

≪いびき防止グッズ・サプリのページに戻る≫